E (Environment) 環境への取組

  1. ホーム
  2. ESGへの取組
  3. E (Environment) 環境への取組

エネルギーマネジメント

本投資法人では、エネルギー使用量・温室効果ガス排出量の集計業務を外部委託業者を通じて一括管理し、正確で透明性の高いデータを蓄積しています。またこのデータを分析してエネルギー削減についてのマネジメントを継続的に行っています。

エネルギー使用量
項目 単位 2018年度 2019年度 2020年度
電力使用量 MWh 90,615 89,522 85,948
燃料使用量 MWh 7,416 7,745 9,946
地域冷暖房使用量 GJ 167,857 158,690 132,083
(換算) MWh 46,627 44,081 36,690
エネルギー使用量合計 MWh 144,658 141,348 132,584
(原油換算) Kl 28,144 27,672 26,253
エネルギー消費原単位 Kl/㎡ 0.04235 0.04126 0.03898
原単位算定面積 ㎡ 664,526 670,725 673,532

温室効果ガス排出量(t-CO₂)
項目 2018年度 2019年度 2020年度
直接排出量(スコープ1) 1,348 657 784
間接排出量(スコープ2) 53,594 13,504 17,644
テナントによる排出量(スコープ3) - 62,985 60,508
うち本投資法人に管理権限がある部分 - 36,999 29,457
うちテナントに管理権限がある部分 - 25,986 31,051
総排出量 - 77,146 78,936
うち本投資法人に管理権限がある部分 54,942 51,160 47,885
温室効果ガス排出原単位(t-CO₂/㎡) 0.08268 0.07628 0.07110
原単位算定面積 ㎡ 664,526 670,725 673,532
  • 数値目標については、「エネルギー・温室効果ガス削減指針」をご覧ください。
  • エネルギー使用量は省エネ法に基づき、本投資法人がエネルギー管理権限を有する部分を対象に算定しています。
  • 温室効果ガス排出量の電力排出係数は、地球温暖化対策推進法に基づく、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度における温室効果ガス排出量算定に用いる各年度の電気事業者毎の基礎排出係数を使用しています。
  • 温室効果ガス排出量は、2019年度よりテナントによる排出量をスコープ3として算定しています。
    ・2018年度はスコープ1、スコープ2を対象に算出しています。
  • 温室効果ガス排出原単位は、本投資法人に管理権限がある部分を対象に算定しています。
  • 各年度の期間は毎年4月~翌年3月までです。2018年度の期間は2018年4月~2019年3月までを指し、以降1年毎の期間を表示しています。

廃棄物管理

単位 2018年度 2019年度 2020年度
廃棄物重量 t 8,759 5,930 7,827
対象物件数 60 69 79
埋立処分率 % 1.57 1.47 1.44
  • 数値目標については、「資源・廃棄物管理指針」をご覧ください。
  • 廃棄物重量には、産業廃棄物総重量、一般廃棄物総重量が含まれます。
  • 2018年度のデータについては、2019年3月末日現在に建物を保有していた施設のうち、データ提出を受けた上記対象物件の2018年4月から2019年 3月の廃棄物重量を、以降の年度のデータについては前年度から1年経過毎の廃棄物重量を集計したものです。
  • 2019年度は、コロナ禍の影響でデータ提出対応が難しい大規模施設があったため、排出量が減少しています。

水使用量

単位 2018年度 2019年度 2020年度
水使用量 千m³ 224 220 178
  • 数値目標については、「資源・廃棄物管理指針」をご覧ください。
  • 管理権原のある物件のうち共用部の上水道使用量を記載しています。
  • 各年度の期間は毎年4月~翌年3月までです。2018年度の期間は2018年4月~2019年3月までを指し、以降の年度は前年度から1年経過時点の期間を指します。

環境への配慮

再生可能エネルギー発電

本投資法人のポートフォリオ全体に対する再生可能エネルギーの発電量は以下の通りです。

単位 2018年度 2019年度 2020年度
再生可能エネルギー発電量 kWh 5,860 5,852 188,986

節水(井戸水の活用)

物件:札幌ブリックキューブ
井戸水をトイレの洗浄水や空調用冷温水に使用

  • 札幌ブリックキューブ
  • 札幌ブリックキューブ

物件:ORE札幌ビル
井戸水をトイレの洗浄水に使用

  • ORE札幌ビル
  • ORE札幌ビル
   

LED照明

物件:シーフォートスクエア/センタービルディングMG白金台ビルクロスレジデンス大阪新町

  • シーフォート/センタービルディングシーフォートスクエア/センタービルディング
  • MG白金台ビルMG白金台ビル
  • ベルファース大阪新町クロスレジデンス大阪新町
  • LED
    ※器具の写真はサンプルです。
  • テナント満足度向上、ビルスペック向上、コスト削減等を目的として実施
  • テナントのLED化ニーズに合致し、賃料増額に繋がるケースもあり

使用電力量とCO₂排出量の削減

物件:インターヴィレッジ大曲
使用電力量の比較や、分析~目標管理が行えるプログラムにより、テナントと協働で使用電力量とCO₂排出量削減に取り組む

  • インターヴィレッジ大曲
  • インターヴィレッジ大曲

グリーンリース

新規の賃貸借契約締結時には、多くの物件で、エネルギー使用量や廃棄物の削減、グリーンビル認証取得の際の協働といった、環境に配慮した条項を含んだ契約を締結しています。
また、改修を伴うグリーンリースも下記事例等で行っています。

グリーンリースの具体例
物件:盛岡南ショッピングセンターサンサ
本投資法人が実施する省エネ改修投資(照明LED化工事)による利益(電気代削減分)をテナントとともに享受する、グリーンリースを導入

  • 盛岡南ショッピングセンターサンサ

保有物件に関する外部機関からの評価

認証床面積カバー率

環境認証床面積カバー率

  • 認証床面積カバー率は、登記上の延床面積に基づき算出しています。ただし、底地は除きます。また、複合物件において特定の用途のみ認証を取得している場合においても、当該物件の全体の延床面積で計算しています。また、一部の物件で複数の認証を取得していますが、当該物件の面積はダブルカウントしていません。
  • グラフの各時点は、各期の決算発表日時点をさします。

CASBEE 不動産評価認証

◆CASBEE 不動産評価認証とは

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)とは、国⼟交通省の主導のもと、⽇本で開発・普及が進められている建物の総合的な環境性能を評価するシステムです。評価項⽬は、「エネルギー/温暖化ガス」「⽔」「資源利⽤、安全」「⽣物多様性/敷地」及び「屋内環境」の5分類、21項⽬で構成されています。評価は5段階(Cランク★〜Sランク★★★★★)で表示されます。

> CASBEEの詳細については、こちらをご覧ください。

◆評価取得実績

DBJグリーンビルディング認証

◆DBJグリーンビルディング認証とは

DBJグリーンビルディング認証制度は、ビルの環境性能に加えて、防災、防犯及び不動産を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請に配慮した不動産“Green Building”の普及促進を目的に日本政策投資銀行が独自に開発したスコアリングモデルにより評点化を行い、その上で時代の要請に応える優れた不動産を選定するとされています。

> DBJ Green Building認証の詳細については、こちらをご覧ください。

◆評価取得実績

BELS認証

◆BELS認証とは

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度:Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)は、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」における省エネ性能の表示の努力義務に対応した、住宅・建築物を格付けする第三者認証制度です。国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEI(Building Energy Index)の値によって評価されます。
本制度に基づく評価・表示は、評価協会会員である登録住宅性能評価機関、指定認定検査機関あるいは登録建築物調査機関のうち、BELS業務を実施する機関としての届出を行った機関が実施することとされています。
評価は5段階の省エネルギー性能ラべリング(★〜★★★★★)で表示されます。

> BELSの詳細については、こちらをご覧ください。

◆評価取得実績

グリーンファイナンス

本投資法人はグリーンファイナンスによる資金調達を通じて、ESGに配慮した資産運用の更なる推進と、ESG投資に関心を持つ投資家層の拡大を通じた資金調達基盤の強化を目指しています。

グリーンファイナンス・フレームワーク

◆資金調達の使途

グリーンファイナンスによる調達資金は、適格クライテリアを満たす資産(注1)(以下「グリーン適格資産」といいます。)の新規取得資金、適格クライテリアを満たす改修工事等(注2)の資金、あるいはそれらに要した借入金又は投資法人債の返済資金又は償還資金に充当します。

◆プロジェクトの評価及び選定プロセス

「適格クライテリア」評価・選定及び調達資金の充当については、本資産運用会社の代表取締役社長を含む経営陣をメンバーとする「サステナビリティ委員会」で検討・審議し、最終的には投資委員会において決定します。

◆調達資金の管理

グリーンボンド又はグリーンローンで調達した資金の総額がグリーン適格負債額(注3)を超過しないよう管理します。

2021年4月20日時点

本投資法人の保有資産 グリーン適格資産 グリーン適格負債額
6,889億円
(113物件)
3,786億円
(49物件)
1,647億円
  • 取得価格ベース
  • グリーン適格負債の算出方法
    グリーン適格資産×2021年2月末時点の総資産に対する有利子負債比率(LTV:43.5%)
  • 「適格クライテリアを満たす資産(グリーン適格資産)」とは、以下の認証又は再認証のいずれかを取得済又は今後取得予定である資産をいいます。
    ・DBJ Green Building認証における3つ星、4つ星または5つ星
    ・BELS認証における3つ星、4つ星または5つ星
    ・CASBEE評価認証におけるB+ランク、AランクまたはSランク
    ・LEED認証におけるSilver、Gold、Platinum
  • 「適格クライテリアを満たす改修工事等」とは、以下のいずれかを満たした工事等をいいます。
    ・グリーン適格資産の認証のいずれかにおいて星の数又はランクの1段階以上の改善を意図した改修工事
    ・エネルギー消費量、CO₂排出量又は水使用量のいずれかを30%以上削減することが可能な改修工事
    ・再生可能エネルギーに関連する設備の導入又は取得
  • 「グリーン適格負債額」とは、グリーン適格資産の取得価格の総額に総資産に対する有利子負債比率(LTV)(各投資法人債の払込期日若しくは借入実行日において算出可能な直近期末時点又は各年2月末時点)の実績値を乗じて算出された負債額をいいます。

資金充当状況レポーティング

名称 総額
(億円)
発行日
/借入実行日
償還期限
/返済期日
グリーン
ファイナンス
充当額
(億円)
グリーン
ファイナンス
未充当額
(億円)
第1回OJRグリーンボンド 70 2019年7月18日 2024年7月18日 70 0
第2回OJRグリーンボンド 20 2020年7月7日 2035年7月6日 20 0
第3回OJRグリーンボンド 30 2021年7月1日 2031年6月30日 30 0

インパクトレポーティング

◆グリーン適格資産の認証取得状況

保有物件に関する外部機関からの評価をご確認ください。

◆グリーン適格資産のエネルギー使用量/水使用量/CO₂排出量

  電力使用量
(MWh)
地域冷暖房
(DHC)
(GJ)
燃料使用量
(MWh)
水使用量
(千立米)
CO₂排出量
(t-CO₂)
直接排出量
(スコープ1)
間接排出量
(スコープ2)
テナントに
よる排出量
(スコープ3)
2018年度 36,988 28,030 493 120 105 19,738 -
2019年度 66,535 158,690 7,745 153 571 10,593 28,550
2020年度 67,001 132,084 9,203 129 753 15,813 22,602
  • 上表の各数値はグリーン適格資産のうち、本投資法人がエネルギー管理権限者である物件のエネルギー使用実績の合計です。集計対象となる物件数は年度ごとに変動があります。
  • CO2排出量は、環境省「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に定められた方法に基づき換算しています。
  • CO2排出量は、2019年度よりテナントによる排出量をスコープ3として算定しています。2018年度はスコープ1、スコープ2を対象に算定しています。

外部レビュー

本投資法人は、グリーンファイナンス・フレームワークの適格性について、グリーンファイナンス評価機関である株式会社日本格付研究所(JCR)より「JCR グリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green1(F)」の本評価を取得しています。詳細はJCRのホームページをご覧ください。
https://www.jcr.co.jp/greenfinance/