1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 分配方針

分配方針

本投資法人は、直近の投資法人規約変更日(2015年11月30日)以降、原則として以下の方針に基づき金銭の分配を行うものとします。

(1)利益の分配

a. 投資主に分配する金銭の総額のうち利益(投信法に定める、本投資法人の貸借対照表上の純資産額から出資総額等の合計額を控除して得た額をいいます。以下同じです。)の金額は、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従って計算されるものとします。
b. 利益の金額を限度として金銭の分配を行う場合には、原則として「租税特別措置法」第67条の15及び「租税特別措置法施行令」(昭和32年政令第43号。その後の改正を含みます。)第39条の32の3に定める本投資法人の配当可能利益の額の100分の90に相当する金額(法令の改正等により当該金額の確定の基準に変更があった場合には、当該変更後の確定の基準による金額とします。)を超えてこれを行うものとします。
c. 本投資法人の資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修繕積立金、支払準備金、分配準備積立金及びこれらに類する積立金及び引当金等のほか必要な金額を積み立て、又は留保その他の処理を行うことができます。

ページの先頭へ

(2)利益を超えた分配

役員会において適切と判断した場合には、投信法の規定に従い、投資主に対し、投信法に定めるところにより承認を受けた金銭の分配に係る計算書に基づき一般社団法人投資信託協会の規則に定める範囲内で利益を超えて金銭の分配をすることができます。ただし、この判断に際しては、その結果生じる「法人税法」(昭和40年法律第34号。その後の改正を含みます。)等の租税債務の有無及びその租税債務の発生が当該分配に係る決算期間以降の決算期間に及ぼす租税債務算定上の影響をも勘案してこれを行うものとします。また、本投資法人は、本投資法人における課税負担の軽減を目的として本投資法人が適切と判断する場合、本投資法人が決定した金額により、利益を超えて金銭の分配をすることができます。

ページの先頭へ

(3)分配金の分配方法

分配金は金銭により分配するものとし、決算期現在の最終の投資主名簿に記載され又は記録されている投資主又は登録投資口質権者を対象に、原則として当該決算期の翌日から3箇月以内に投資口の所有口数又は登録投資口質権の対象たる投資口の口数に応じて分配するものとします。

ページの先頭へ

(4)分配金の除斥期間等

上記(3) に定める分配金については、その支払開始の日から満3年を経過したときにその支払の義務を免れるものとします。なお、分配金の支払に際しては、利息を付さないものとします。

ページの先頭へ

(5)投信協会規則

上記(1)ないし(4)のほか、本投資法人は、金銭の分配にあたっては一般社団法人投資信託協会が定める「不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則」(2001年3月制定。その後の改正を含みます。)に従うものとします。

ページの先頭へ

関連リンク
分配金情報
決算ハイライト

ページの先頭へ